ACE – AutoCorrect Editor

ACE1

Microsoft Word のオートコレクトの定義を編集するためのアドインマクロです。以下のような特徴があります。

  • オートコレクトの定義を、使い慣れたワードの文書として修正、追加、削除が行える。
  • オートコレクトの定義をワード文書として取り扱えるので、文書種類や分野、言語別に設定を作って保存しておき、必要に応じてオートコレクトへ定義して使用することができる。
  • オートコレクトの定義を、ワード文書という形でシェアできる。
  • AutoHotKey の HotString Helper 用の定義ファイルへ変換したり、逆に HotString Helper の定義をオートコレクト用に変換できる。
    (つまり、HotString Helperの定義管理ツールとしてACEを利用できる)

注意)オートコレクトを書式付きで利用されている方は、ACEを使用しないでください。
書式がすべて削除されます。

以下のリンクからダウンロードしてお使いください。

<<ACE>>

  • ACE.dotm (ワードアドインマクロ。ワードのStartupフォルダーへ入れます)
  • readme.txt (説明書です)

詳細は、readme.txt を参照してください。
(Mac 用のWord 2011でも動作するのを確認しました。)


【開発背景】

以前よりセミナーなどを通じて、翻訳に関わる「作業」領域のポカミスを撲滅するためには、3つの段階でそれぞれ対策を取る必要があり、ミスをしない仕組みを生み出すのが究極のポカミス対策だとお話ししてきました。

  1. 最初からミスしない工夫をする。(能力伸長、自己鍛錬・・・)
  2. ミスしたら、その場で気付き、即手直しをする。(合成音声で読み上げ、ACEなど)
  3. 作業後にチェックという手段でミスを見つける。(WildLightなど)

最終工程で行うチェック(上記3)で、確実にミスを検出するための支援ツールとして開発したのがWildLightですが、今回公開したACEは、上記の2に対応するツールになります。

今後、翻訳チェックに重点を置き、使いこなし術をブログ記事にして公開していくつもりです。もちろん、ACEは入力省力化ツールとしても利用できますが、視点として、入力の自動化による入力ミスの低減という考え方で、その定義の仕方を記事にしたいと考えています。
【参考】AHK版 AutoCorrect