【ワイルドカード】各文字種の検索方法 (基本)

ワイルドカードを使った検索を行う上で、いろいろな文字種に対応した記述方法を、決まり事として覚えておくと便利です。記述を単語登録して利用するのも1つの手です。

【全角文字】

[ぁ-ゞ] :ひらがな
[ァ-ヾ] :カタカナ
[a-zA-Z] :英文字
[0-9] :数字
[¥!-〜] :全角英数字(記号含む)
[一-鶴] :すべての漢字
[Α-Ωα-ω] :全角ギリシア文字
[、-鶴] :ひらがな/カタカナ/漢字/記号
[ -鶴] :ひらがな/カタカナ/漢字/記号/全角スペース

【半角文字】

[0-9] :数字
[a-zA-Z] :英文字
[ヲ-゚] :カタカナ
[! -~] :半角スペース、英数記号以外
[¥!-~] :半角英数字(記号含)

【その他の特殊文字】

^13 改行 (ハードリターン)
^12 改ページ
^11 ソフトリターン (または、^l:ハットエル)
^9 タブ記号 (または、^t)

ワイルドカードで使用する記号(!, -, (, ), [, ]等)を検索文字として使用したい場合は、その文字の前に ¥ を付与します(これをエスケープ文字と呼びます)。例えば、!を検索文字としたい場合は、 ¥! と記述します。

<b>記述例:</b>

例)全角半角関係なく、数字を検索したい場合

[0-90-9]

例)すべての英字(全角半角すべて)

[a-zA-Za-zA-Z]

例)すべてのカタカナ(全角半角すべて)

[ヲ-゚ァ-ヾ]

【半角文字の範囲指定の考え方】
%e5%8d%8a%e8%a7%92%e6%96%87%e5%ad%97%e3%83%af%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%83%88%e3%82%99%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99

半角文字の文字コードは上の図のようになっています。なぜ、数字を検索するワイルドカードが [0-9] なのかは、この文字コードを見ていただくと分かるとおり、数字は0から始まり9で終わるからです(青丸)

例えば、記号も含めてアルファベット文字全部を検索したい場合は、[¥!-~] と記述すれば良いことになります。(ピンク丸)

広告

投稿者: Terry Saito

某社翻訳部門の中の人です。 詳細は、以下のURLよりどうぞ。 https://terrysaito.com/about/

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中