数字の3桁位取りを自動化する

先日行ったWildLight中級セミナーで、受講していただいた方から以下のようなお題をいただきました。もちろん、セミナーではこれを題材にワイルドカードとWildLight特殊コマンドの実習を行いました。うまく解決できたお題ですので、当ブログでシェアいたします。

4桁以上の数字を自動的にカンマで位取りしたい

まず考えたいのは、対象となる数字の桁数です。4桁以上は確かですが、最大何桁までを対象と考えるかです。

X,XXX 〜 XXX,XXX,XXX,XXX

まぁ「兆」くらいをカバーしておけば実用的でしょうか?(笑) すると対応しなくてはならない組合せは以下の3通りということになります。

XXX,XXX
XXX,XXX,XXX
XXX,XXX,XXX,XXX

ワイルドカードで実現する上で、数字の桁数によって処理を変えるというのは、記述が難しそうですので、まずは、末尾三桁(下の例だと012)とそれ以前(123456789)を分けてヒットさせる方法を考えました。

123456789012

[0-9]@[0-9]{3}>

このワイルドカードの記述により、末尾三桁を[0-9]{3}> でヒットさせ、それ以前を [0-9]@ でヒットさせられます。それぞれを置換時に利用するために ( ) で括り、そして、それらの間に位取りのカンマ「,」を挿入するために、置換語に「¥1,¥2」と記述すれば良いことになります。WildLight辞書へは以下のように記述します。(※(TAB)は実際にタブキーを押して入力してください)

WILDCARD:ON
([0-9]@)([0-9]{3})>(TAB)¥1,¥2

この辞書を実行すると、4桁以上の数字は、以下のようになるはずです。

123,456
123456,789
123456789,012

さて、さらに上位の桁の位取りはどうしたらいいでしょう?
そうです。このワイルドカードを繰り返して実行すればいいのです。

ただし、ここで注意しなければならないのは、WildLightに以下の基本機能があることです。

  1. 検索した結果には、必ず蛍光ペンが付く。
  2. 蛍光ペンのない箇所が検索対象となる。

上記のワイルドカードを実行したことにより、数字にはすべて蛍光ペンがついている状態になっています。つまり、そのまま続けて実行したのでは、それらの数字は検索対象から除外されてしまい、位取りがされません。そこで利用するのが、検索時の蛍光ペンの有無を無視するコマンド「IgnoreH」です。

IgnoreH:ON で、検索時に蛍光ペンの有無を無視します(すべてを検索対象として検索する)。ちなみに IgnoreH:OFF でデフォルト値に戻り、基本機能通り、蛍光ペン箇所は検索対象から除外されます。では、これを使って辞書を記述してみると以下の通りになります。

WILDCARD:ON
([0-9]@)([0-9]{3})>(TAB)¥1,¥2
IgnoreH:ON
([0-9]@)([0-9]{3})>(TAB)¥1,¥2
([0-9]@)([0-9]{3})>(TAB)¥1,¥2

これで、兆までの数字に対して3桁位取りが自動で行われ、蛍光ペンがつきます。

この辞書は、ライブラリーに「WLDIC_変換_4桁以上の数値をカンマで自動的に位取り.txt」という名前で登録してありますので、ダウンロードしてご利用ください。

WildLightは、ワイルドカードの1文では表現しきれない処理も、辞書に記述を並べることで処理を可能にできるところが、大きな特長です。

広告

投稿者: Terry Saito

某社翻訳部門の中の人です。 詳細は、以下のURLよりどうぞ。 https://terrysaito.com/about/

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中