WildLight Ver. 1.11 (Bugfix版)をリリース

度々のバージョンアップ、申し訳ありません。

このバージョンは、以下の2点のバグ対処版です。

  1. 特殊コマンドのExtractH2ExcelとExtractH2Wordによる蛍光ペン部のテキスト抜き機能が正常に動作しておらず、取りこぼしが発生します。
  2. WildLightをアップデートすると、稀にメニューにWildLightがふたつ現れる場合がある。

上記問題1については原因が特定できた為、バグ修正を行いました。問題2については原因が特定できておりませんが、対処策を盛り込みました

本日公開しています「英文から用語候補を抜く」「和文から用語候補を抜く」辞書を利用される方は、このバージョンへのアップデートをお願い致します。

なお、最新版は「ダウンロード/インストール」のタブから、WildLight共有フォルダーへ行き、入手して下さい。

★ WildLight のメニューが2つ出る場合の暫定対処方法

  • 表示されているふたつのWildLightのメニュー上で右クリックし、「ユーザー設定のコマンドの削除」を選択をして削除して下さい。(ふたつとも)
  • そして、ワードを立ち上げ直して下さい。これで、ひとつになるはずです。
広告

投稿者: Terry Saito

某社翻訳部門の中の人です。 詳細は、以下のURLよりどうぞ。 https://terrysaito.com/about/

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中